感染症である歯周病は内服薬で治療できます

歯科治療というと外科的処置を最初にイメージされるかもしれません。しかし、最近では虫歯や歯周病が細菌による感染症であることから、内服薬で原因菌を退治する治療法が進んでいます。大田区久が原の歯医者「森山歯科医院」では、歯周内科という診療科目を設け、内服薬による歯周病治療をご提供しています。「抜かない、削らない、痛くない」治療をモットーとする当院ならではの治療です。

歯周病と全身疾患の関わり

歯周病と全身疾患の関わり

最近の研究で、歯周病が糖尿病など全身疾患の引き金になることが明らかになりました。とりわけ糖尿病は歯周病との関連が強く、互いが発症のきっかけとなったり、病状を悪化させたりすることがあります。全身の健康を守るためにも、歯周病対策が欠かせないと言えるでしょう。

歯周病と関連のある全身疾患(一例)

歯周病と関連のある全身疾患(一例)

  • 糖尿病
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 脳梗塞
  • 誤嚥性肺炎
  • 早期低体重児出産
  • 骨粗しょう症
  • 頭痛・肩こり など

歯周病になりやすい方の特徴

食事の仕方、生活習慣など、あるライフスタイルが歯周病に直結しやすいことが知られています。下記ではその一例をご紹介しましょう。

喫煙習慣 間食過多
喫煙習慣
タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させるため、歯ぐきを通る毛細血管の血流を阻害されます。すると、免疫物質が行き渡りにくくなり、歯周病菌が繁殖しやすくなります。
間食過多
いわゆる「だらだら食べ」状態になるので、唾液が持つ浄化作用が働きにくくなり、口腔内環境が悪化して歯周病の原因菌が繁殖しやすくなります。
咀嚼不足 ストレス
咀嚼不足
咬む回数が減ると、唾液の分泌量も少なくなり殺菌効果が薄れるため、口腔内に歯周病菌が繁殖しやすくなります。
ストレス
不安や悩みごと、不規則な生活や食事、過労などで心身にストレスが蓄積すると免疫力が低下して、歯周病などの感染症にかかりやすくなります。

当院の歯周病治療について

当院の歯周病治療について

歯科治療というと、歯を抜く、削るなどの処置をイメージされるかもしれません。しかし、最近では虫歯や歯周病が細菌による感染症であることから、内服薬で原因菌を退治する治療法が進んでいます。歯周病対策としては、歯周ポケットに隠れた歯石除去やブラッシング指導も重要ですが、森山歯科医院では歯周内科という診療科目を設け、内服薬による治療を他院に先がけて取り組んでいます。

歯周病の内科治療に欠かせない位相差顕微鏡

歯周病の内科治療に欠かせない位相差顕微鏡

お口のトラブル、その原因を確実に究明するには、口腔内の細菌を厳密に調べる必要があります。その点、一般の歯科ではまだ珍しい歯周内科に取り組んでいる当院では、最先端の位相差顕微鏡を導入してこれを診断に活用。奥歯の内側に付着したプラーク(歯垢)を採取して、観察することで細菌の種類やカビの有無を精査します。この結果に基づいて、当院では内服薬を患者さん一人ひとりに処方します。治療の効果がどの程度で表れるかは個人差がありますが、おおむね1週間程度で無菌化できます。

進行段階と処置方法

歯周病の進行度にはいくつかの段階があります。当院ではステージごとにきめ細かな治療方針を立て、的確な処置をしています。

軽度歯周炎の場合

軽度歯周炎の場合

歯肉炎を起こしてはいるものの炎症は比較的軽度で痛みはありません。ただし、歯周ポケットが深くなっている場合があります。

中等度歯周炎の場合

中等度歯周炎の場合

あごの骨が溶け始めている段階です。歯が浮くように感じたり、歯ぐきの腫れや出血がひどくなったります。強く咬みしめたときに痛みを伴い、口臭がひどくなることもあります。

重度歯周炎の場合

重度歯周炎の場合

あごの骨の大部分を歯周病菌によって溶けてしまっているため、歯がグラグラします。放置すれば歯が抜けてしまいます。

処置方法
SRP(スケーリング/ルートプレーニング)
SRP(スケーリング/ルートプレーニング)
スケーラーという治療器具を用いて、歯周病菌の温床であるプラークや歯石を取り除いた後、ルートプレーニングで歯の表面をなめらかにし、汚れの再付着を防止します。
歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケット内のプラークや歯石、歯周病に感染した歯肉などの組織をかき出します。歯周ポケットの深さが4mm程度と浅い場合の治療です。
フラップ手術
フラップ手術
歯ぐきを切開し、歯の根元に付着したプラークや歯周病菌に侵された組織を除去し、最後に歯ぐきを縫合します。歯周ポケットが深い場合の治療です。

TOP